使わない金券ありますか?

使う機会のない商品券やギフトがあれば持ち込んでみよう

何かの景品や、お使い物のお返しなどで商品券やギフト券をいただく場合がありますよね。最寄りにある店舗の商品券や、利用する機会のあるサービス券や、好みの商品に利用できるギフト券なら構いませんが、利用機会がなく、保管されている場合は、金券ショップに持ち込んでみるのをお勧めします。
駅周辺などの人の集まる場所に店を構えていることが多く、利用期限切れしていないものであれば、買取してもらえる可能性は高いでしょう。需要があり、近隣の店舗で利用しやすいものものであれば、さらに買取出来る可能性が上がります。地域に根ざした店舗や商品の金券以外に、オールマイティに使える信販系のギフト券も人気があります。取り扱っているか電話で尋ねてもいいですし、店舗の窓口に行けば、金券の種別ごとに買取価額の提示を一覧表にして分かりやすく表記している所もありますので、実際に見に行ってもいいでしょう。

持ち込む時の注意事項

金券の買取については、成人に達している人でないと受け付けない所が多いので、未成年者の場合は、保護者に同行してもらいましょう。また、売買をするために、身元の確認の出来る書類を提示するように求める店舗がほとんどですので、運転免許証や健康保険証などの書類を持って行くといいでしょう。
特に利用期限が設定されていなくても、時間が経った金券は、需要が低下したり、発行会社の事業が終了したりして、使えなくなっているものもあります。払戻期間が終了している場合は、価値がありませんので売買はできません。買取してもらう前に、官公庁のホームページから使用停止になった金券類の一覧表が公開されていますので、確認を行うようにしましょう。
路面店では、インターネット上で発行された電子データの金券類の買取は、扱っていないことがあります。店舗に行く前に、取り扱いがあるか電話で確認することをお勧めします。